ギョボク

《学名》
 
Crateva religiosa
《科名・属名》
 フウチョウソウ科
《分布・生育地》
 東南アジア、インド、アフリカなどの熱帯に分布する。
 日本では鹿児島県本土以南・南西諸島に自生する。石灰岩地帯に多く、畑の周囲や海岸林の中によく見られる。
《特徴》
 葉は3出複葉。花は枝先に総状花序をなし、雄蕊・雌蕊が長く目立つ。果実は卵形の液果。
材はやわらかくて軽く、細工物に使われる。「魚木」の名は釣りの擬餌にしたことによる。またアフリカなどでは果実を食用にする。
《食草としている沖縄の蝶類》
 ツマベニチョウモンシロチョウタイワンモンシロチョウクロテンシロチョウタイワンシロチョウ
《蝶の幼生期写真解説》
 
幼虫の写真は、特記がないかぎり全て新田智撮影。

 
ツマベニチョウ終齢(威嚇?のポーズ)うるま市 2010年1月26日 モンシロチョウ終齢幼虫 うるま市 2009年10月16日 クロテンシロチョウ1齢幼虫 西表島 2003年11月10日  
 『蝶類生態図鑑』からは蝶の種類から食草を見る事が、この『沖縄蝶類食草図鑑』からは、蝶の種類が見れるように、植物名とそれを利用する蝶類が相互にリンクできたらと思っています。そして今後は可能な限り野外での写真をと思っています。 ホームへ 沖縄蝶類食草図鑑インデックスへ
《謝辞》
 今まで「沖縄蝶類・食草図鑑」は、“沖縄昆虫同好会”のブログをリンクさせていただいてました。改めまして、相乗りリンクさせて頂きましたこと、比嘉正一会長をはじめ沖縄昆虫同好会の皆様に重ねて御礼申し上げます。
なお、“沖縄昆虫同好会”のブログでは、会の案内と最新の活動案内の他に、植物について知識が豊富な比嘉会長が沖縄の蝶類の食草について、写真を用い詳しく解説しています。植物の写真をご覧になりたい方は“沖縄昆虫同好会”のブログから、「ブログ内検察」で検索お願いします。植物の写真とともに解説が表示されます。“沖縄昆虫同好会”のブログはこちら!!。
《参考資料》
 増補改正 琉球植物目録(初島住彦・天野鉄夫・1994年)
 日本産蝶類幼虫食草一覧(仁平勲・2004)
 沖縄県の蝶・記録された島と食草(沖縄昆虫同好会・2013年)

★植物の学名・特徴などはインターネットの検索で引用させて頂いてます。ネット引用;“沖縄昆虫同好会”のブログほか。