×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

クロバナツルアズキ

《学名》
 
Macroptilium atropurpureum(Phaseolus atropurpureus)
《科名・属名》
 マメ科 ナンバンアカアズキ属(インゲンマメ属の考えも)
《分布・生育地》
 北米(フロリダ)原産。奄美大島以南(帰化植物)
 人里・田畑,原野・草原。。
《特徴》
 蔓性の多年草。帰化。
 茎は地や他の植物の上に広がり、基部は木質化することが多い。
 葉は3小葉からなり、小葉は倒卵状〜楕円形で長さ5〜8cm、幅3〜6cm。先は円く、縁は大きく凹む場合が多い。
 花は葉腋から長い花茎を出し、先端に数個つく。花は黒紫色。
 莢果は線形で長さ5〜8cm
 成分としては、フラボノイド(ケンフェロール配糖体)などを含んでいる。
《食草としている沖縄の蝶類》
 ウラナミシジミオジロシジミルリウラナミシジミウスアオオナガウラナミシジミシロウラナミシジミ
《蝶の幼生期写真解説》
 
幼虫の写真は、特記がないかぎり全て新田智撮影。
 
2013年11月6日に渡嘉敷島でクロバナツルアズキのマントにウラナミシジとルリウラナミシジミとオジロシジミが混成乱舞していた。オジロシジミとルリウラナミシジミはこれに産卵しているのを撮影できた。船の時間の事もあり、幼虫などを見つける事ができなかった。産卵植物としてでの記録に留まるが、クロバナツルアズキで発生している可能性は高いと思うので、一応、ルリウラナミシジミとオジロシジミは食草にしている。なお、ウラナミシジミは1991年に西表島で記録している。食草図鑑なので、もっと分かりやすい写真をそのうちアップしたい。
【ありんくりんニューレポ】

 ★in渡嘉敷島(2013年11月6日)

《文献覚え書き》
【2016年度発行文献より】

 シロウラナミシジミがクロバナツルアズキの花を食べていた;西表島祖納 2014年11月6日採取→♂(モザイク個体)羽化 2014年12月17日。熊谷隆「クロバナツルアズキの花を食べていたシロウラナミシジミ」季刊ゆずりは68;63.

 
 
 
ウラナミシジミ産卵 渡名喜敷島 2005年11月13日 オジロシジミ産卵 渡嘉敷島 2013年11月6日(新田敦子) ルリウラナミシジミ産卵 渡嘉敷島 2013年11月6日(新田敦子)  
 『蝶類生態図鑑』からは蝶の種類から食草を見る事が、この『沖縄蝶類食草図鑑』からは、蝶の種類が見れるように、植物名とそれを利用する蝶類が相互にリンクできたらと思っています。そして今後は可能な限り野外での写真をと思っています。 ホームへ 沖縄蝶類食草図鑑インデックスへ
《謝辞》
 今まで「沖縄蝶類・食草図鑑」は、“沖縄昆虫同好会”のブログをリンクさせていただいてました。改めまして、相乗りリンクさせて頂きましたこと、比嘉正一会長をはじめ沖縄昆虫同好会の皆様に重ねて御礼申し上げます。
なお、“沖縄昆虫同好会”のブログでは、会の案内と最新の活動案内の他に、植物について知識が豊富な比嘉会長が沖縄の蝶類の食草について、写真を用い詳しく解説しています。植物の写真をご覧になりたい方は“沖縄昆虫同好会”のブログから、「ブログ内検察」で検索お願いします。植物の写真とともに解説が表示されます。“沖縄昆虫同好会”のブログはこちら!!。
《参考資料》
 増補改正 琉球植物目録(初島住彦・天野鉄夫・1994年)
 日本産蝶類幼虫食草一覧(仁平勲・2004)
 沖縄県の蝶・記録された島と食草(沖縄昆虫同好会・2013年)

★植物の学名・特徴などはインターネットの検索で引用させて頂いてます。ネット引用;“沖縄昆虫同好会”のブログほか。