×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゲットウ

《学名》
 
Alpinia zerumbet
《科名・属名》
 ショウガ科 ハナミョウガ属
《分布・生育地》
 熱帯から亜熱帯アジアに分布し、日本では沖縄県から九州南部に分布。多年草。
《特徴》
 沖縄県ではサンニンとも呼ばれ、ムーチーの季節である冬至前(旧暦の12月8日)になると、ゲットウの葉にムーチーを包んで蒸して頂く。このほかに香り付けを兼ねて饅頭の包装に使用されたり、肉や魚を包んで蒸し焼きにするなど幅広く利用されている。また、素材が抗菌効果があることがわかり、いろいろな商品に加工されている。沖縄の山野に普通に見られ、繊維なども利用されることから、畑の周囲、空き地に植えられたりもする。花も美しいので最近は公園植物として人気がある。
《食草としている沖縄の蝶類》
 アオスジアゲハクロセセリオオシロモンセセリシロウラナミシジミ

《蝶の幼生期写真解説》
 
幼虫の写真は、特記がないかぎり全て新田智撮影。アオスジアゲハの幼虫は、当時珍しい記録だったので、採集して持ち帰ったが、蛹化まで確認できたが羽化に至らなかった。アオスジアゲハのゲットウの記録は「ありんくりんニューレポ」で詳しく紹介している。クロセセリの幼虫もオオシロモンセセリの幼虫も葉を軽く綴った巣を作る。オオシロモンセセリは公園や市街地でも見かけるが、クロセセリの方が山地よりに生息している。両種の終齢は、オオシロモンセセリの頭部は黒く、クロセセリの頭部は白い。シロウラナミシジミの西表島、2003年の記録は蝶研フィールドで報告済み(新田智、沖縄県の蝶類数種について興味深い観察例、蝶研フィールド243(2006))。
【ありんくりんニューレポ】

 ★ゲットウを食べるアオスジアゲハ(2012年7月13日)
 ★ゲットウを食べるアオスジアゲハ再び(2013年7月12日〜15日)

 ★2014年、ゲットウを食べるアオスジアゲハ再び(2014年6月20日〜23日)

アオスジアゲハ終齢 うるま市 2012年7月13日 クロセセリ終齢 大宜味村 2014年3月6日 オオシロモンセセリ終齢 うるま市 2009年8月19日 シロウラナミシジミ前蛹と蛹 西表島 2003年8月11日
 『蝶類生態図鑑』からは蝶の種類から食草を見る事が、この『沖縄蝶類食草図鑑』からは、蝶の種類が見れるように、植物名とそれを利用する蝶類が相互にリンクできたらと思っています。そして今後は可能な限り野外での写真をと思っています。 ホームへ 沖縄蝶類食草図鑑インデックスへ
《謝辞》
 今まで「沖縄蝶類・食草図鑑」は、“沖縄昆虫同好会”のブログをリンクさせていただいてました。改めまして、相乗りリンクさせて頂きましたこと、比嘉正一会長をはじめ沖縄昆虫同好会の皆様に重ねて御礼申し上げます。
なお、“沖縄昆虫同好会”のブログでは、会の案内と最新の活動案内の他に、植物について知識が豊富な比嘉会長が沖縄の蝶類の食草について、写真を用い詳しく解説しています。植物の写真をご覧になりたい方は“沖縄昆虫同好会”のブログから、「ブログ内検察」で検索お願いします。植物の写真とともに解説が表示されます。“沖縄昆虫同好会”のブログはこちら!!。
《参考資料》
 増補改正 琉球植物目録(初島住彦・天野鉄夫・1994年)
 日本産蝶類幼虫食草一覧(仁平勲・2004)
 沖縄県の蝶・記録された島と食草(沖縄昆虫同好会・2013年)

★植物の学名・特徴などはインターネットの検索で引用させて頂いてます。ネット引用;“沖縄昆虫同好会”のブログほか。