×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

サツマサンキライ

《学名》
 
Smilax bracteata Presl
《科名・属名》
 ユリ科 シオデ属。
《分布・生育地》
 沖縄各島に分布。
《特徴》
 草丈は10m位にもなるつる性の半低木。茎は太くて分枝し、疎らに刺がある。葉は卵形〜長楕円形で、長さ5〜10cm、幅3〜13cm。先は急鋭尖頭で、厚くてややツヤがある。花は雌雄異株で、葉液から長さ5〜8cmの枝を出し、散状花序に多数の花をつけ、時には分枝して2〜3個の花序をつける場合もある。花色は黄橙色〜帯黄色、雄花の花被片は線状長楕円形で、長さ約5mm、開花時には著しく反り返る。雌花の花被片は卵形長楕円形で、長さ約2.5mm。果実(液果)は楕円形で長さ5〜7mm、黒熟する低地から山地にかけて生育する常緑のツル植物。ツルにはトゲがありそばにある植物に絡まって伸びていく。
《食草としている沖縄の蝶類》

 ルリタテハ
《蝶の幼生期写真解説》
 
幼虫の写真は、特記がないかぎり全て新田智撮影。

       
ルリタテハ終齢 まだ撮影できてない日      
 『蝶類生態図鑑』からは蝶の種類から食草を見る事が、この『沖縄蝶類食草図鑑』からは、蝶の種類が見れるように、植物名とそれを利用する蝶類が相互にリンクできたらと思っています。そして今後は可能な限り野外での写真をと思っています。 ホームへ 沖縄蝶類食草図鑑インデックスへ
《謝辞》
 今まで「沖縄蝶類・食草図鑑」は、“沖縄昆虫同好会”のブログをリンクさせていただいてました。改めまして、相乗りリンクさせて頂きましたこと、比嘉正一会長をはじめ沖縄昆虫同好会の皆様に重ねて御礼申し上げます。
なお、“沖縄昆虫同好会”のブログでは、会の案内と最新の活動案内の他に、植物について知識が豊富な比嘉会長が沖縄の蝶類の食草について、写真を用い詳しく解説しています。植物の写真をご覧になりたい方は“沖縄昆虫同好会”のブログから、「ブログ内検察」で検索お願いします。植物の写真とともに解説が表示されます。“沖縄昆虫同好会”のブログはこちら!!。
《参考資料》
 
増補改正 琉球植物目録(初島住彦・天野鉄夫・1994年)
 日本産蝶類幼虫食草一覧(仁平勲・2004)
 沖縄県の蝶・記録された島と食草(沖縄昆虫同好会・2013年)
★植物の学名・特徴などはインターネットの検索で引用させて頂いてます。ネット引用;“沖縄昆虫同好会”のブログほか。