ツルモウリンカ

《学名》
 
Tylophora tanakae.
《科名・属名》
 ガガイモ科。
《分布・生育地》
 伊豆諸島,九州から琉球列島。
《特徴》
 花は,葉腋に花序をだし,やや散形状に淡い黄緑色の花をつける。花冠は5深裂,径6〜7ミリ。葉はやや厚く,長さ3〜7センチ、幅1.5〜4センチ。
《食草としている沖縄の蝶類》
 アサギマダラ、、タイワンアサギマダラリュウキュウアサギマダラミナミコモンマダラヒメアサギマダラ(代用食として、蝶研フィールド59)。
《蝶の幼生期写真解説》
 
幼虫の写真は、特記のない限り全て新田智撮影。

     
リュウキュウアサギマダラ中齢 浮原島 2016年7月1日