×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヒメオニササガヤ

《学名》
 
Dichanthium annulatum.
《科名》
 イネ科。
《分布・生育地》
 旧熱帯原産。沖縄県に牧草として導入されたものが帰化した。
《特徴》
 小穂は2小花で構成され上方の第2小花が稔性を持つ・苞穎が護穎より発達する・花序中軸の各節には形状の異なる2小穂が対となる、等の特徴でキビ亜科ヒメアブラススキ連に含まれるイネ科植物。
《食草としている沖縄の蝶類》
 ヒメイチモンジセセリ
《蝶の幼生期写真解説》
 
幼虫の写真は、特記がないかぎり全て新田智撮影。写真はヒメイチモンジセセリ若齢入眠個体。タイヌビエとヒメオニササガヤの2枚綴りで巣を作っていてヒメオニササガヤに台座していた。入眠個体なのでこれを食したかは今後の課題である。一応、台座していたに留める。

 
     
ヒメイチモンジセセリ若齢入眠 うるま市 2014年12月29日      
 『蝶類生態図鑑』からは蝶の種類から食草を見る事が、この『沖縄蝶類食草図鑑』からは、蝶の種類が見れるように、植物名とそれを利用する蝶類が相互にリンクできたらと思っています。そして今後は可能な限り野外での写真をと思っています。 ホームへ 沖縄蝶類食草図鑑インデックスへ
《謝辞》
 今まで「沖縄蝶類・食草図鑑」は、“沖縄昆虫同好会”のブログをリンクさせていただいてました。改めまして、相乗りリンクさせて頂きましたこと、比嘉正一会長をはじめ沖縄昆虫同好会の皆様に重ねて御礼申し上げます。
なお、“沖縄昆虫同好会”のブログでは、会の案内と最新の活動案内の他に、植物について知識が豊富な比嘉会長が沖縄の蝶類の食草について、写真を用い詳しく解説しています。植物の写真をご覧になりたい方は“沖縄昆虫同好会”のブログから、「ブログ内検察」で検索お願いします。植物の写真とともに解説が表示されます。“沖縄昆虫同好会”のブログはこちら!!。
《参考資料》
 
増補改正 琉球植物目録(初島住彦・天野鉄夫・1994年)
 日本産蝶類幼虫食草一覧(仁平勲・2004)
 沖縄県の蝶・記録された島と食草(沖縄昆虫同好会・2013年)
★植物の学名・特徴などはインターネットの検索で引用させて頂いてます。ネット引用;“沖縄昆虫同好会”のブログほか。